tasoblogマーケティング

tasoblog

北海道から上京して大学生をやっているtasoのブログです。 徒然なるままに書いていきます。ゆるーくゆるーく。 割と多趣味なので、そのへんも書いていきます。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

アパレル

 
ゼミでユニクロをやっている班があるんだが、


アパレルっていうかファッション業界って、



結局そのブランドが作りだす付加価値に尽きるなーって思う。



その付加価値にどれほどの需要があるかで決まってくる。



そう考えると、カジュアル大衆服ブランドであるユニクロってそんなに需要あるかな~って結構疑問に思ったり。


まぁ売れているのだから需要があるのか。



というかあんま売れているって認識がないんだが。



この間の日曜日に新宿の西口の新店舗に行ったんだけど、誰もいなかった。



こういうのを見ると、ちゃんと自社のブランドを現状から解釈してマーケティングを行っているのかっていうのか疑問に思えてくる。



比較的高所得者が集まる都心じゃなくて、地方の方が売り上げいいんじゃないのかな?



しまむらとか、比較的安い服屋さんとかから顧客を奪っているとは思うんだけど、


ユニクロはそれだけじゃ嫌みたいだねw


もっと付加価値の高いブランドからの顧客も奪いたそう。



だけどそれは厳しいと思う。



ユニクロのブランドにロイヤリティを感じる顧客は多くないだろー。



カジュアル大衆服を作り続けるべきだし、



調子のって自分のブランドにフィットしないようなマーケティングを行えば崩れていくよ。



まぁ今この方向に行きつつあるっていうのがおれのユニクロに対する印象だけど。



こう考えてみると、おれならエヌハリとかナンバーナインのようなドメスティックブランドみたいな位置のブランドを作りたい。


デザインとかで高付加価値がつくようなブランド。



スポンサーサイト
Twitter
 

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -





最新トラックバック



最近の画像


FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。